簡単に取れる情報処理の資格

ITは英語・会計と並びサラリーマンの身につけなければならないスキルといわれています。では、簡単に取れる情報処理の資格は何か。それはITパスポートです。ITパスポートは基本的なITの基礎があることを証明する試験で、国家資格です。2時間のうちに100問のマークシート問題を解きます。試験はCBT方式で行われます。CBT方式とはコンピューター利用して行われる試験方式です。また、試験問題はストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)から出題されます。ITパスポートをとると、ITの基礎的な素養を証明することができるでしょう。

資格を簡単にとるコツについて

資格は、様々な難易度のものがあります。しかし、簡単にとることができるコツがあります。それが、合格した人に話を聞くことです。受験した人に話を聞くことには、たくさんのメリットがあります。まずは、問題の傾向を教えてもらえることができることです。実際には、どのような問題が出たのかということを聞くことができると、勉強への対策に活かすことができます。次に、勉強方法を教えてもらうことができます。どのような参考書を使ったのかということや、勉強時間はどのくらいしたのかということを聞き、自分もそれに当てはめて勉強をすると、より資格が取りやすくなります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 英語検定で簡単に資格取得 All rights reserved